相続の手続きは国税庁が管理


 
相続の手続きに関しては、管理しています。
もちろん、一般の方が国税庁に直接、手続きや申請を行うということはありません。
国税庁が管理しているのは、あくまでも国の税金の動きなどです。
その下には、それぞれの地域を管轄する税務署などがあり、一般の方はそちらで税金の支払いなどを行っていくのが通常となっています。
相続の手続きでも、相続するものが発生すれば、それに対して税金が課せられます。
それは基本的に相続税と呼ばれ、申告せずにいると脱税とみなされてしまうのです。
そのため、相続に関しては相続することが発覚してから10か月以内に申告して納税することが必要となってきます。
どうしても税金を払いたくないということであれば、相続放棄をするということも可能ですが、相続放棄した場合は相続そのものを受けることができなくなります。
そこは注意しながら、どのような選択を取っていくかが重要となってくるでしょう。

ちなみに、相続するものすべてに税金が課せられるのかというと、そうではありません。
相続とは言っても、一定以上のものでなければ、相続税は発生しません。
そのため、近年は相続するもの自体がそもそもそこまでないという家庭も多いため、相続税の対象とならない場合も増えています。
そこは実際に相続人と被相続人の関係を見つつ、どのような財産や資産があるのかについても考えていくことが必要となってくるでしょう。
資産も財産もまったくないということはないので、住宅や土地、現金などがあった場合は申告をして納税するようにしておきましょう。
この手の相続手続きに関して、わからないことがある場合は管轄の役場に相談することをおすすめします。
その他、直接税務署なら税務署に相談してみるというのも良いでしょう。
ただ、公的機関に関しては必要最低限のことしかサポートしてくれないため、しっかりと対応してもらいなら専門家にアドバイスをもらうのが良いです。

専門家というのは、弁護士や税理士、司法書士や行政書士などです。
これらの特殊な知識を持っている方は、とても頼りになります。
まずはしっかりと対応してもらってみてはいかがでしょうか。
もちろん、専門家であれば依頼者にとって最適な選択を教えてくれるでしょう。
そういう意味でも、とても頼りになるのではないでしょうか。
まずはじっくりと相談してみて、その上で自分が取るべき選択について教えてもらってみてください。
なお、わからないことがある場合は、事前に聞いておくことをおすすめします。