本文へスキップ

家計管理が苦手な女性を応援!江戸川区の家計簿FP
保険・住宅ローン・教育費・家計の見直し
                      

 
お問い合わせは24時間いつでもメールでどうぞ
 メールで問い合わせ       

 江戸川区民限定!生命保険コンサルティング料50%OFF

 
 通常12,000円 → 50%OFF(江戸川区民特別コンサルティング料金6,000円)
 
 ※面談時間は30分とさせていただきます。
 30分を超過した場合は正規のコンサルティング料を頂戴いたします。

生命保険のコト、だれにご相談したら安心ですか?   

やっとの思いで相談したその相手はあなたの味方ですか?

商品イメージ1相談する相手によって、大きく変わる保険の設計
誰に相談するのかを選ぶのも大切なポイント。

万が一の時の保障。
あなたの人生、どの人になら安心して相談できますか?

保険商品を買いたいのなら保険屋さんへどうぞ。
保険を含めた将来への備えをしたいならファイナンシャル・プランナー事務所である幣事務所へどうぞ

ご相談相手に誰を選ぶのかから、自己責任です


いざという時、あなたの保険は役に立ちますか?

商品イメージ2

多くの方が、現在加入している保険の内容を把握していません。

わからないものに毎月お金を支払って、いざ請求段階になると諸処の事情で給付されないなんてことが・・


まずは、現在加入している保険の内容を知ることから始めましょう。
わかりやすく、ご説明いたします。




更新型の保険に加入している方は迷わず今すぐメールをください


商品イメージ3

こんな方に来てほしい

□ 加入している保険の内容がわからない方
□ 勧められるままに保険に加入した方 
□ 漠然と現在の保障内容が不安な方 
□ なんとなく保険に加入している方
□ 毎月なんだか家計が苦しいと感じる方 
□ お子様が小さい方
□ マイホーム購入を考えている方
□ 預貯金のある方もしくは預貯金の少ない方
                     


いくらの保険料が払えるの? → 必要な保障はどれか?

商品イメージ4

コンサルティングを受けるメリット

保険料は安くなればいい?
保険の見直しって、保険料を安くするってイメージが強いですね。
しかし、保険料を安くして、必要な保障も足りなくなったら?
いざという時に困りますよね。

保険の見直しは保険だけで考えても答えは出ません。
トータルバランスが大切です。
保険で準備しておくリスクとそれ以外で準備しておくリスクの把握。それができるのが保険コンサルティング。保険相談にはない魅力です。

不安のない保険保障設計を
納得のいく保険保障設計を
あなたにご提案いたします



この保険コンサルティング契約について

面談場所 幣事務所で行います  10時〜16時(土・日祝日も可)
料  金 現在加入中の保険の内容説明、保険のプラン設計等は有料です。一律12,000円


お問い合わせは24時間いつでもメールにてどうぞ
メールで問い合わせ


 生命保険コンサルティングについてもっと詳しく知りたい!


万が一の時に大切な人を守りたいから


保険加入の目的は大きく分けて二つ
自分のため
家族のため

きちんと区別して保障の内容を検討していますか?


家族の状況と保障の内容を合わせていくことが大切


いざという時に役に立たない保険では、家計は大きなダメージを受けてしまいます。
そもそも、保険商品は万能選手ではありません。
保険を考えるときに大切なことは、どの商品を選ぶかではなく、どの商品を利用すればわが家を守れるのか。

この出発点が違うと、全然違う答えが出てしまいます。そのため、家族の状況にそぐわない保険に加入している人が多いのです。


生命保険は必ずしも必要なものではない


生命保険は、加入していないと一人前ではないような錯覚に陥りやすいですが生命保険が必要のない人もいます。

そもそも生命保険は、万が一のことが起きた場合に、家計を大きく崩さないために加入するリスク対応商品です。

何かあっても家計が多きく崩れないようであれば、特に必要ということはありません。


加入している保険はトータルでいくら支払いますか?


月々の口座引き落としで支払っている保険料は、あまり支払っている感覚がありません。これが口座引き落としの怖いところです。

保険の契約内容がおぼろげでも、なんとなく必要な支出と認識し、特に突っ込んで再考しようとはなかなか思いません。

しかし、ある程度の年齢までに、いったい、いま加入の保険ではいくらの保険料を支払うことになるのでしょうか?
電卓をたたけば簡単に算出できますから、計算してみて下さい。
もしかしたら、新築のマイホーム一軒が買えてしまうかもしれませんよ。



お問い合わせは24時間いつでもメールにてどうぞ
メールで問い合わせ


 生命保険の見直し例  


生命保険未加入のご夫婦の新規加入のケース


民間の生命保険に未加入だったご夫婦。生命保険は合理的ではないから好きではないそうです。

しかし、預貯金が少なく、子供が小さいことから死亡保障をご提案。
万が一の時の家計へのダメージをご説明して、納得いただきました。

もともと未加入であったため、家計の支出は増えることになりました。それでも、万が一の場合の家計のリスクを考えると、加入しておいた方が良いケースでした。


更新型の保険を夫婦で見直して2,000万節約できたケース


更新型の生命保険にご夫婦で加入中。
次回更新時に保険料アップすることが不安だけど、どうしたらいいのかわからなくてご来所。

高齢になったときに保障がなくなってしまうことにもご不安でしたので、終身での保障に変更しました。シンプルな保障内容にした結果、ご夫婦合わせて2,000万円弱の保険料が節約。

別途、貯金を選別して、医療用に一定額を確保してもらいました。
その分も大きく保険料の削減に。

見直しの効果に驚かれていました。


保険の契約内容に疑問を持ちながら、どうしていいのか迷っていたケース


一定期間ごとに新たな保障を提案されて、ついつい契約。契約内容には全く疑問を持っていませんでした。子供の誕生をきっかけに、新しい保険に加入。そのときに、ついでに既契約を見てもらうと・・・

”全く欲している内容の保険ではありませんでした”と、Yさん。
しかし、今度は誰に相談すればいいのか、疑心暗鬼になって、動けなくなってしまったそうで。

”この保険を変えたいんです”そう、お問い合わせをいただいたとき、Yさんの声に不安があったので、ゆっくりと話しながら、必要な保障を選んでもらいました。

ずっと、心に引っかかっていたようで、安心されたその表情。
こんなにも柔らかくなるものなんですね。



保険募集人に次々提案されてわからなくなってしまったケース


医療保険に加入中。その会社の保険募集人から次々と他の商品をすすめられて、どうしていいのかわからずご来所。

”必要だと言われましたが……”
と、提案書を持ってこられました。

中年の夫婦二人の世帯で、今後も子供の予定はなく、共稼ぎ。
そこで、不安要素を洗い出し、どのような保障があれば安心なのかを選別していきました。

最終的には、医療保険を解約し、死亡保障に加入することに。
すっきりした! とのこと。

老後の保険料の支払いが不安だったケース


保険料が更新ごとに大幅アップしていくタイプの保険に加入していました。
次回更新したら、ちょっとしたお家賃並み。”もう払えない”と、困っていろいろ保険相談へ行ったそうです。

内容を拝見すると、その相談に行ったときに変更できていれば・・・・・と、悔やまれるケースでした。というのも、内部留保されていた部分を保険料に充てられてしまい、さらに、健康状態が良くないという現状。

保険会社を使い分けて、必要な保障を確保しつつ、保険料を現状の半分で抑える事が出来ました。

”今まで、相談した相手はだれもこんなこと教えてくれませんでした・・・・” と、悔しそうに。


妊娠中に介護保険に入ろうか思案中だったケース


妊娠をきっかけに、ご主人の介護保険を検討したいというTさん。しかし、ご夫婦そろってまだ20代。
聞けば、特に理由はないが、TVで介護になると多額の費用が必要になると見たから。だとか。

保険で不安解消をしようとした典型的なケース。
ご主人の介護保険は現状では優先度が低いことをお話して、既契約の保険で十分なことをお伝えしました。

既契約は見直さず、心の不安を見直したケースです。



お問い合わせは24時間いつでもメールにてどうぞ
メールで問い合わせ

    


   
   

会社情報

おおきFP事務所
〒133-0051
東京都江戸川区北小岩
1-
3-1
おおき 


ご面談は幣事務所にて行っております。
出張相談はご相談ください。


幣事務所ご面談コーナー

ご面談コーナー



業務関連保持資格
★国家資格
・1級ファイナンシャルプランニング技能士
・宅地建物取引主任者
・貸金業務取扱主任者
★その他資格
・住宅ローンアドバイザー
・個人情報保護士
・日商簿記1級
・マイナンバー実務検定2級


江戸川北法人会所属


弊社の専門家との業務提携
・司法書士
・税理士
・社会保険労務士
・1級建築士


2014年6月9日設置

アクセスカウンター