相続の手続きはいつまでに済ませれば良いのか?

相続の手続には、期限があります。
ではいつまでに、相続の手続きを済まれば良いのでしょうか。
こればかりは、「手続きの種類による」としか言いようがありません。
でも後のリスクを考えるのならば、手続はなるべく早く済ませるようにしましょう。

相続人・遺言の内容確認・遺留分・相続する財産の確認は、相続が発生した時点で手を付けておきたい所です。
これらの手続きを後回しにしてしまうと、後の手続きが遅れてしまう恐れがあります。
また銀行などの口座手続き・株式の相続手続き・保険金の手続き・相続税の手続きも、なるべく早く進めておきましょう。
相続の手続きにはやることが沢山あり、聞いてるだけでも頭が痛くなります。
ゆっくり休んでいる暇はなく、場合によっては相続手続きのために会社を休まなければならないこともあります。

では手続きの期限が遅れてしまった場合、一体どうなるのでしょうか。
色んなリスクが考えられますが、1番痛いのは財産の取り扱いです。
もし相続の手続きが遅れてしまうと、財産は相続人共有のものになります。
財産が相続人共有のものになることに対して、納得できるのならば構いません。
でも共有のものになると、財産の取り扱いを1人で判断することはできなくなります。
例えば誰かに売却する際には、相続人全員の許可が必要となるからです。
1人でも「NO」を突きつければ、どうしようもありません。

ただ相続の手続きの中には、期限まで猶予があるものもあります。
その中の1つが、「相続放棄」です。
被相続人から受け継ぐ財産の中には、借金も含まれています。
借金を受け継いだのならば、被相続人に代わって返済しなければいけません。
借金の相続を免れるには、「相続放棄」しか手はありません。
相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内と定められており、変に急がなくとも大丈夫です。

ただ期限に余裕があったとしても、ゆっくりしている暇はありません。
時が流れるのは、想像以上に早いものです。