相続手続きの相談は誰にすべきか?

相続の問題は、想像しているよりも複雑です。「うちは金持ちではないから、そこまで複雑にならない」と思われるかもしれませんが、大きな間違いです。
相続の手続に関する悩みを持っている人の多くは、「うちは関係ない」と思い込んでいた方なのです。
関係ないと思っていても、いつかは深く大きく関係します。
そこで専門家に相談したい所ですが、どう相談すれば良いのかすらも分からない人も多いでしょう。
そこで相続の手続に関する、相談の方法について取り上げます。

単純に相続の手続方法が分からないというのならば、司法書士が頼りになります。
不動産を相続すれば、名義変更を行う必要があります。
名義変更をするには、登記申請を行わなければいけません。
司法書士の場合、登記申請を相続人の代わりに行うことが許されています。
不動産の登記申請だけでなく、司法書士事務所によっては他の手続も承ってくれることもあります。
普段仕事などで中々時間が取れない時は、司法書士に相談するのが1番です。

相続の問題が複雑になってしまったら、弁護士に相談です。
弁護士は法律のプロで、法律に関わることならば全てカバーできます。
ただ弁護士と聞くと、「事件」の二文字を想像してしまうかと思います。
確かに弁護士は、ニュースに出てくるような事件を取り扱うこともあります。
でもあくまでも仕事の一部であり、全てではありません。
法律を武器にして、複雑な問題を解決へ導くのがメインの仕事です。

また相続した財産には、税金がかかります。
財産にかかる税金については、司法書士や弁護士ではどうしようもありません。
そこで頼りになるのが、税理士です。
弁護士が法律のプロであれば、税理士は税金のプロです。
相続税の手続は非常に面倒なものですが、税理士に任せれば一安心です。

それぞれのプロには、それぞれに得意分野があります。
ご自身が相続の何に悩みを持っているのかをしっかり見極めた上で、専門家に相談するようにしましょう。