相続手続きにかかる費用は?

相続の手続きは非常に難しく、素人では手に負えなくなることもあります。
相続問題が複雑に絡んでしまうと、どうすることもできません。
そこでプロの司法書士や弁護士に頼みたいところですが、費用は一体幾らかかるのでしょうか。
こればかりは「ピンキリ」としか答えられませんが、強いて言えば「相続財産による」です。

例えば、相続登記を司法書士に頼んだとします。
課税価格が1000万円未満であれば、3万円から4万円で承っている所が多く見られます。
1000万円以上となると5万円から6万円、1億円の場合は6万円から7万円あたりが相場です。
ただし相続登記に必要となる登録免許税は含まれていないので、あくまでもおおよその目安として捉えていただければ幸いです。

相続の手続きは、相続登記だけではありません。
相続人や戸籍調査、遺産分割協議書も作成する必要があります。
自身でもやろうと思えばできなくはないものの、プロの人に任せた方が確実です。
費用は相続人調査ならば3万円から4万円、遺産分割協議書ならば2万円から6万円となっています。

ただ相続の手続きがスムーズに進んだのならば良いのですが、問題が複雑になることもあります。
相続問題が複雑になってしまったら、弁護士に相談するしかありません。
では弁護士に相談するとなると、費用は幾らかかるのでしょうか。
弁護士は自由価格となっており、相続財産の額によって費用は大きく変わります。
平均的に見ると、着手金は30万円〜150万円・報酬金は60万円〜300万円前後となっています。

相続税の手続きに関しては、税理士の出番になります。
税理士に支払う費用も弁護士や司法書士と同じようにピンキリではあるものの、相続財産の額が大きな決め手になります。

相続の手続きを誰に頼むことになっても、見ておきたいのは「相続問題の経験があるかどうか」です。
相続の問題は想像以上に複雑で、経験の浅いプロが手がけると大混乱は免れません。
安くない買い物だからこそ、慎重になる必要があります。